参考書籍

抗がん剤の効果とリスク 

抗がん剤はがんの通常療法のひとつとして広く用いられています。でも、抗がん剤に副作用があることからもわかるように、健康な細胞にも大きな負担がかかるのも事実です。
また「反抗がん剤遺伝子(アンチ・ドラッグ・ジーン)」によって「抗がん剤に耐性をもったがん細胞」が生まれることも知られており、アメリカ国立がん研究所の所長は「抗がん剤ではがんは治せない」と議会で証言している事実もあります。
抗がん剤の効果とリスクについて知り、万一の時にキチンと選択ができるためにオススメの一冊です。

書名 抗ガン剤で殺される
著者 船瀬俊介
出版社 花伝社
価格 2,625円(税込)

なぜ体温を上げると元気になるのか? 

「体温が上がると健康になる」と言われていますが、この本は「どうして体温を上げると健康になるのか?」という事がとても分かりやすく書かれています。日頃、胃腸が弱い人や冷えを感じてる人、ストレスが多い方には必読です。

書名 体温を上げると健康になる
著者 齋藤真嗣
出版社 サンマーク出版
価格 1,470円(税込)

病気にならない油の選び方 

日本ではあまり知られていない「トランス脂肪」ですが、海外では「病気になる油」として規制をされています。そんなトランス脂肪をはじめ、体に良い油と悪い油について分かりやすく説明しています。

書名 病気がイヤなら「油」を変えなさい!
著者 山田豊文
出版社 河出書房新社
価格 1,680円(税込)

全員に読んで欲しい「栄養の基礎」について 

現代の日本人の食習慣の変化や、環境の悪化などからくる「栄養素の不足」とその改善方法。がんの予防、健康な子供を育てるための栄養などについて詳しく書かれています。

書名 ビタミン・ミネラル革命
著者 山田豊文
出版社 総合法令
価格 1,680円(税込)